お薬ランキンgoo

ジェネリック医薬品のメリットとデメリット

女性

ジェネリック医薬品とは別名で後発医薬品といい、先発品の特許が切れてから先発品と同様の成分・成分量で作られたお薬で「安全性、有効性が認められ実証のある先発品と同等である」とされたものです。

医師と相談して患者がどちらかを選ぶことが可能です。しかしながら日本では「まだ先発薬の方が良いのではないか?」というブランドイメージが先行してしまっています。このページではジェネリック医薬品のメリットやデメリットをはじめ、選ぶ際のポイントなどを紹介します。

メリット

女性
  • 実績のある有効成分であるため、安全性や有用性、効果・効能が既に保証されている。
  • 飲み方や用量、使用上の注意点が分かったうえで服用できる。
  • 製造の際に莫大な開発費用がかからないため、とにかく低価格で購入できる。
  • 日本では後発品も発売前には、厳しい検査が課されており安心である。
  • 異なる添加物が、先発品のの安全性をさらに高める目的で配合されており、逆に安心である。
  • 高齢化が進み財政を莫大な医療費が圧迫するなかで、ジェネリック医薬品の普及は医療費を削減することにつながる。

また効き目や安全性といったものに影響がない範囲内に限られていますが、改良することも可能です。そのため別名リニューアル医薬品とも呼ばれています。内服薬の形状や、大きさといった飲みやすさ、外用薬ではシップの貼りやすさ(粘着の度合い)などに工夫を加えられていることもあります。

例えば、「入れ歯に挟まりやすい粉薬がふわっと溶けやすく改良されている」、「苦みをコーティング剤などでやわらげられていたり、カプセル剤を固形の錠剤に変えて咽頭部を通りやすく改良されている」「湿布のフィルム剥離紙がはがしやすく改良されている」など様々です。このように高齢者や障害を持つ方、お薬が苦手な方にも優しい作りのものを安全性はそのままに改良されていることがあります。

デメリット

女性

ジェネリック医薬品は分類としては薬局で購入することができる薬ではなく、成分が単体で配合された医療用医薬品(処方箋薬)の後発薬ですので、他の効果の薬との複合されていないため効果を得られにくくなったり、逆に効果が強まってしまったりする危険性もあります。またジェネリック医薬品のデメリットは他に以下のようなものがあります。

  • 先発の医薬品と比べ、副作用が出やすい可能性がある。
  • 異なる添加物が配合されているため、アレルギーが起きる可能性がある。
  • 先発の医薬品と有効性が完全に同じであるとは言えない。
  • 統計学的に先発品と差がないとされているため安全性を確認する実験は行われていない。

ジェネリック医薬品を選ぶ際のポイントは?

女性

説明したようにジェネリック医薬品には様々なメリットがあると同時にデメリットも存在しています。では選ぶときのポイントや正しい選択方法などはあるのでしょうか?紹介します。

  • 信頼のできるメーカーなのか?
  • 詳細にデータを出しているか?
  • 添加物などはどうか?
  • その薬の特性は?(錠剤、OD錠など)
  • 公立病院や薬剤師会での推奨品を選ぶ
  • 安定して供給がされているか?

上記のようなことなどが選ぶ際のポイントとなってきます。購入の際には自分で成分や効果、副作用などを確認するだけではなく、実際にその薬を服用した人の話を聞いてみたり、ネット上にある口コミや購入レビューを参考にすることもオススメです。またこのサイトではうつ病や不安障害に効果がある薬を紹介しています。

確実な効果を得られるパキシルや、安全性が高いことで知られるレクサプロ、No.1の知名度を誇るデパスなどといった薬はもちろん、そのジェネリック医薬品なども紹介していますので是非ご覧下さい。

TOP