お薬ランキンgoo

ジェネリック医薬品のメリットとデメリット

女性

ジェネリック薬とは後発医薬品といって新薬の特許が切れてから新薬と同様の成分・作り方で作られたお薬です。
現在までに安全性や有効性が認められ実証のある新薬と同等と認識された低価格薬で、医師と相談して患者がどちらかを選べる時代となりました。
ですが、まだ先発薬の方がいいのではないか?という、ブランドイメージが先行する日本において、ジェネリックを選ぶ際のポイントをみていきたいと思います。

メリット

女性
  • 実績のある有効成分を使用するため、安全性や有用性、効果・効能が既に保証されており、飲み方や用量、使用上の注意点が分かったうえで服用できる。
  • 製造の際に莫大な開発費用がかからないため、とにかく低価格に購入することができる。
  • 日本では後発品も発売前には、厳しい検査が課されているため安心。
  • 異なる添加物が、新薬の安全性をさらに高める目的で配合されていて、逆に安心。
  • 高齢化が進み、財政を莫大な医療費が圧迫しているなか、ジェネリック医薬品の普及は、医療費の削減につながる。

≪一部工夫できるというメリットが!≫
改良することが可能です。別名リニューアル医薬品とも言われています。
改良できる点は限られていますが、内服薬の形状や、大きさといった飲みやすさ、外用薬ではシップの貼りやすさ(粘着の度合い)などに工夫を加えることが可能です。

入れ歯に挟まりやすかった粉薬がふわっと溶けやすく改良されていたり、苦みをコーティング剤などでやわらげられていたり、カプセル剤を固形の錠剤に変えて咽頭部を通りやすく形状変化されていたり、湿布のフィルム剥離紙がはがしやすく改良されているなどたくさんの改良方法があります。
高齢者や障害を持つ方、お薬が苦手な方にも優しい作りのものが安全性はそのままに開発されています。

デメリット

女性

分類としては薬局で購入できる薬ではなく、成分が単体で配合された医療用医薬品(処方箋薬)の後発薬ですので、他の効果の薬との複合されていないため効果が弱まっている可能性があり、異なる添加物が配合されていると、アレルギーが起きないか不安という声もあります。

TOP