パキシルの効果効能

うつ病やパニック障害の治療や緩和として医師からパキシルを処方されるケースも人によってですが、パキシルは抗うつ剤としてはデパスなどと同じくらい一般的なお薬です。
すでにパキシルジェネリックも登場していて、代表的なものとしてはペクセップがあります。

ペクセップは非常に低価格で購入できるため個人輸入代行業者を利用してパキシルを通販する人も見られます。
パキシルとそのジェネリックは抗うつ剤の中でSSRIに分類される薬です。
SSRIとは選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことで、通常はシナプスで吸収されてしまうセロトニンを吸収されなくしてしまうことでセロトニンの濃度を上昇させるという働きを持っています。

セロトニンは精神を安定させる作用を持つ神経伝達物質で、この濃度を上げることによって沈んだ気持ちを高揚させるのです。
最初にも言いましたが、この薬はSSRIの中でも非常にポピュラーな薬です。
それは、従来のSSRIと違ってセロトニンだけに作用するからです。

神経伝達物質にはセロトニンの他にドーパミンやアドレナリン、メラトニンなどたくさんの種類がありますが、その中でセロトニンだけに作用するということで、副作用が少ないからです。
しかしながら、軽微な副作用は報告されているので、服用には注意が必要です。
多く報告されている症状としては、吐き気や眠気、めまい、食欲不振などがあります。
また、この薬は離脱症状が現れることがあるため、計画的な服用が必要になります。
治療効果が現れたら徐々に減薬して、離脱症状がでないようにしましょう。

パキシルの働き

脳内には神経伝達物質と言う物があります。
それによって心の調子が変わる事は多々あります。
セロトニンやアドレナリン等が有名な物で、良く知っている人もいるでしょう。

人は時には悲しみを感じたり、悲観的になったり、やる気が出ない事があります。
また不安を感じる事もありますが、大体は何かほかに面白い物や興味をひかれる物があると気分が変わりそれまで感じていた不安等を忘れてしまう事は少なくありません。

しかし人によってはそれがいつまでも残ってしまったり、うつ症状が出てしまう事があります。
それを改善するための薬の一つがパキシルです。

セロトニン系の神経にのみ働きかける薬となっているので、副作用が少な目の薬です。
大体服用し始めてから2週間程度経過すると効果を感じる事ができます。
パキシルの副作用は少な目と言われていますが、実際には過剰症等が起きる場合があり注意が必要です。
主な症状は発疹・痒み・むくみ等です。

これらの症状はアレルギー症状なので、服用によって異変が起きた時は医師に相談しましょう。
時には頭痛、発熱、不安、鼻づまり等が起きる事もあります。

これらの症状が出た時は自分の判断で服用を中止してしまわず、医師に相談しましょう。
勝手にパキシルの服用を中止してしまうと状態を悪化させることがあり、結果的に治療期間の延長につながります。
吐き気や胃痛等を防ぐ為にも食後すぐに服用しましょう。
またその時はコップ1杯以上の水で飲みます。

パキシルは良く効くタイプの薬なので、それを利用するメリットはありますが、妊婦・授乳婦に対しての投与には慎重にならなければいけません。
また未成年への投与は安全性が現時点では確立されていないので、安易に投与することはできないので利用の際は注意が必要です。 パキシルを購入