パキシルはSSRIに分類される薬です。有効成分をパロキセチンとし服用することでうつ症状を改善します。

レクサプロ エビリファイ デパス

SSRI系のパキシル

パキシル

パキシル(有効成分:パロキセチン)はSSRIというセロトニンを増加させて、うつ状態(うつ・倦怠・不安)の改善に効果のあるお薬です。パキシルは日本で2番目に発売された抗うつ薬で、その他のSSRI系の抗うつ薬ジェイゾロフト、レクサプロなどの中でも特に効果が強く、症状の改善が大きく見込める反面、副作用が多いという欠点もあります。

しかし、薬というものは副作用がつきものです、自分の体質や体調生活環境を把握し、メリット、デメリットなどをしっかり把握した上での服用が大切です。

パキシルの通販はこちら


SSRIとは?

SSRIとは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」の略称で抗うつ薬の一種です。
セロトニン(人の精神に影響し、心の安定に関与する体内物質)の再吸収に作用する事で体内にあるセロトニン量を増加させ、うつ症状や不安の解消するなどといった効果があります。

これまで主流だった抗うつ薬(三環系)は、肝毒性や心・血管副作用など強い副作用が存在し医師や患者に敬遠されがちだった為、より副作用を軽くしてより効果的に治療ができるように開発されたのが始まりで、販売されているSSRI系の抗うつ薬「ジェイゾロフト」、「レクサプロ」、「ルボックス(デプロメール)」、「パキシル」の中でも特に効果を得ることができるお薬として根強い支持を得ています。

パキシルの効果・効能

女性

うつ病やパニック障害の治療や緩和として医師からパキシルを処方されるケースも人によって様々なのですが、パキシルは抗うつ剤としてはデパスなどと同じ様に一般的な薬です。

既ににパキシルのジェネリック医薬品も存在しており、有名なものとしてはパキシルジェネリックという薬があります。

パキシルジェネリックは低価格で購入ができるため、ネット通販(個人輸入)を利用してパキシルを通販する人もいます。 パキシルの効果を一言で言うと「セロトニンを増やす」ということです。 セロトニンとは精神状態を安定させる作用を持つ神経を伝達する物質で、この濃度を上昇させることによって沈んだ気持ちを高揚させます。 主にうつや不安などを改善できます。

  • うつ病
  • うつ症状
  • パニック障害
  • 強迫性障害(OCD)
  • 社会不安障害
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)

また特徴としては「効き目が強く、しっかりと効く」ということです。

パキシル(パロキセチン)の作用秩序

パキシルジェネリック

パキシルやそのジェネリック医薬品の有効成分はパロキセチンという成分です。 この有効成分は英国製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社が開発し、セロトニンの再取り込みを阻害する効果のあるSSRIです。 セロトニンの再取り込みを阻害し神経間隙のセロトニンの濃度を上昇させ、落ち込みや不安といったものを改善効果を持っています。

また最初にも紹介たのですが、SSRIとはセロトニンの再取り込みを阻害する薬です。 通常はシナプスで吸収されてしまうセロトニンを吸収を抑える(阻害させる)ことでセロトニンの濃度を上昇させるという効果があります。 またこの薬はSSRIの中でも非常に広く認知されている薬です。その理由としては、従来のSSRIと違ってセロトニンだけに作用するからです。

神経伝達物質にはセロトニンの他にドーパミンやアドレナリンやメラトニンなどたくさんあるのですが、その中でセロトニンだけに作用するということで、副作用が少ないからです。 しかし副作用はないわけではなく存在し、報告されているので、服用には注意です。

多く報告されている症状としては、吐き気や眠気、めまい、食欲不振などがあります。 また、この薬は離脱症状が現れることがあるため、計画的な服用が必要になります。 治療効果が現れたら徐々に減薬して、離脱症状が出ないように注意してください。

レクサプロとの比較も参考にしてください

パキシルの働き

女性

脳内には神経伝達物質という物があり、それによって心の調子が変わる事は多々あります。 セロトニンやアドレナリン等が有名な物で、ご存知の方もいるでしょう。

人は時には悲しみを感じ、悲観的になったり、やる気が出ない時があります。 また不安を感じるような事もありますが、大体は何かほかに面白い物や興味をひかれる物があると気分が変わりそれまで感じていた不安等を忘れる事は少なくありません。 しかし人によってはそれがいつまでも残ってしまっていたり、うつ症状が出ることもあります。 それを改善するための薬の一つがパキシルです。

服用し始めてから2週間程度経過すると効果を感じる事ができます。パキシルの副作用の主な症状としては発疹・痒み・むくみ等で、時には頭痛、発熱、不安、鼻づまり等です。

医者

このような症状が出た時は自己判断で服用を中止せずに医師に相談することが大切です。勝手にパキシルの服用を中止すると状態を悪化させることもあり、結果的に治療期間の延長につながる場合もあります。 吐き気や胃痛等を防ぐ為にも食後すぐに服用しましょう。 またその時はコップ1杯以上の水で飲みます。

パキシルは良く効くタイプの薬なので、利用するメリットはあるのですが、妊婦・授乳婦に対しての投与には慎重にならなければなりません。また未成年への投与は安全性が現時点では確立されていないので、安易に投与することはできないので利用の際は注意が必要です。


パキシルの気になる副作用

男性

前述の通り、副作用として眠気、食欲不振、吐き気、めまい、発疹、痒み、むくみ、頭痛、発熱、不安、鼻づまり、不眠等が報告されています。
ここではさらに気になりがちな点について具体的に説明します。

お酒との飲み合わせは?

アルコールと一緒に服用すると、上記の副作用が出やすくなるとの報告があります。
アルコールとの飲み合わせは出来るだけ控えたほうがよいでしょう。

服用すると太る?

トフラニールなどの三環系抗うつ剤よりも体重増加は軽微と報告されていますが、服用を始めると「徐々に体重が増加していった」、「太った」という報告があります。そのため女性の中には服用を嫌がる方もいるようです。

パキシルの離脱症状

急に服用を中断すると離脱症状が出ることがあります。
(ふらつき、めまいなど)パキシルはSSRIの中では離脱症状が現れやすいお薬となります。
これは効果が強いお薬ほど離脱症状が現れやすい為です。
服用を中止する場合は急に止めるのではなく、徐々に減薬する事が大切です。

不眠と眠気

副作用の中に不眠と眠気という相反するものがあります。
これは眠気を誘発するが、眠りが浅くなる、という作用を引き起こしますので注意しましょう。
もし眠りが浅くなってしまったら、朝食後などに服用するなど時間の調整を行いましょう。

妊娠中の服用は?

赤ちゃんへのリスクが少し高まるとされています。よってできるだけ止めたほうが良いとされています。
もし服用したい場合、服用してしまった場合は自分だけの判断で続けるか止めるか決めずに、きちんと医師と相談しましょう。
アルコールとの飲み合わせ、服用して太るかどうか、というのはやはり服用する上で大きなポイントになります。
しっかりと把握した上で使用するようにしましょう。


パキシルの用法用量

パキシルは症状によってそれぞれ飲み方が変わってきます。症状別での用法用量を紹介しますので確認しておいてください。

①うつ病・抑うつ状態

成人以上の場合1日1回夕食後にパロキセチンとして20~40mgを口から服用しましょう。1回10~20mgから始めて、1週ごとに 1日10mg増やします。なお、症状により1日40mgを超えない範囲でその都度増減させましょう。

②パニック障害

1日1回夕食後に、30mgを服用しましょう。10mgから服用を開始して、1~2週間ごとに10mg/日ずつ増量しましょう。1日の上限は30mgまでとなります。

③強迫性障害

1日1回20mgより服用を開始し、基本的に1週ごとに 1日10mgずつ増やしましょう。また、症状により1日50mgを超えない範囲でその都度増減させましょう。


個人輸入通販でパキシルが買える

女性

パキシルは医師の診察を受け、薬局で処方箋を出して薬を買うという通常の以外にも方法があります。通販(個人輸入)にて購入するという方法です。通販を利用すると国内で購入するよりも安く入手することが可能です。 また、パキシルにはジェネリック医薬品が存在するのでさらに安く購入することが出来ます。


国内パキシル先発品20mg 1錠/184.70円
海外パキシルジェネリック20mg 1錠/81円

それぞれの値段を比較してみると、ネット通販では病院の半額以下の値段で購入ができることが分かります。 薬を常用する場合、やはり一番ネックとなってくるのは値段の面ではないかと思います。 少しでも安く、簡単に入手する為に通販(個人輸入)を利用することで経済的に大きな助けになるでしょう。

パキシルの通販はこちら


パキシル

パキシル

パキシルは服用することで有効成分のパロキセチンがセロトニンに作用し、気持ちを安定させうつ状態や不安感などを改善することができパニック障害やうつ病、社会不安障害、強迫性障害などの症状に効果があります。またSSRIのお薬の中でも最も効果が高いとされています。

パキシル・ジェネリック(USA)

パキシルジェネリック

パキシル・ジェネリックはパキシルのジェネリック医薬品です。日本でも認可されている薬なので、副作用も少なく安心して服用することができます。有効成分をパキシルと同様のパロキセチンとし、パキシルと同様の効果があります。無気力な状態を改善する他、うつや不安感、摂食障害などに効果的です。
それぞれ20mgと40mgのタイプがあり、発売元はZydus Pharmaceuticals USA社となっています。

パキシルの通販はこちら

個人輸入通販のメリットデメリット

海外の品物を購入する際に一番の壁となるのはやはり言語かと思います。
しかし国内サイトから個人輸入代行業者の通販サイトを利用することですべて解決できます。通常の通販サイトと同じような手順で購入することができて、もちろん日本語での利用することが可能です。また値段が非常に安く、さらに処方箋が不要です。また病院に行く手間も省け、その交通費や診察代もかからないためさらに費用を浮かせることができます。
通販は「手軽さ」と「安さ」が一番のメリットです。

デメリットとしては商品購入後、実際に発送するのは海外の業者であるため手元に届くまでに多少の時間がかかり、表記は全て外国語での表記になります。また、個人使用目的で輸入、使用することは問題ありませんが、輸入したものを他人にあげたり、売ったりすると薬事法に抵触するので注意しましょう。

まとめると・・・

メリット

・とにかく安く簡単に手に入る。
・処方せんが不要。
・病院に行く手間が省け時間を節約できる。

デメリット

・届くまでに時間がかかる。
・他人に譲渡したり、売ったりなどは禁止されている。

この二つを把握した上でお得に利用しましょう。また、手軽に入手できるからとは言え身勝手な服用は副作用を引き起こす原因となります。購入する際には薬の効果や副作用などをよく理解しよく考えた上で服用しましょう。もし服用して体に異変が起きた場合、すぐに医師の診察を受けましょう。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの「ジェネリックのデメリットとメリット」のページも参考にしてみてください。


他の抗うつ薬・抗不安薬との比較

女性

ここではうつ症状に処方される有名なお薬との違いなどを説明します。

ソナラックスとの違い

ソナラックスは精神安定剤となる為、常時服用し、抗不安作用を促すことが目的として作られた薬です。 副作用などもパキシルやほかの薬と比べ起こりにくいとされています。

しかしソナラックスには、パキシルと違いうつ症状を改善させる働きがありません。従って症状を治すといった目的には使用しません。


デパスとの違い

デパス

デパスは神経系をリラックスさせることで、不安感や緊張感といったものを和らげることに効果がある薬です。筋肉を緩める働きがあるため不安やうつ、不眠以外にも様々な症状に効果があり多くの用途で使用されています。またデパスは即効性に優れているため、しばしば症状が強く現れた際に服用する頓服薬として使用されることもあります。

デパスとの違いとしてはその効果や現れるまでの時間が主な違いとして挙げられます。またデパスは向精神薬に指定されていますので、その点も注意しておいてください。

デパスの詳細はこちら


パキシルCRって?

抗うつ薬にパキシルCRというものがあります。発売元はパキシルと同じGSKグラクソ・スミスクラインです。CRとは薬が徐々に溶け出すという意味があり、濃度の変化を緩やかにして副作用が起きる可能性を低くするという特徴があります。

しかしながらパキシルに比べ、高価なお薬となりますのでパキシルやパキシルジェネリックがどうしても体に合わない場合、使用の選択肢に入れると良いかもしれません。

TOPに戻る