デパスジェネリック・エチラーム

エチラームをうつ病にとても効果があるお薬デパスのジェネリック医薬品です。
デパスの歴史は30年程で、その特許が切れたタイミングでデパスの人気のせいか、たくさんのジェネリック医薬品が誕生しましたが、その中でもエチラームはデパスと人気を二分するほどの支持を得ている、チエノジアゼピン系に分類される精神安定剤となります。

その有効成分はエチゾラムという物質で、神経伝達物質を受け取るGABA受容体の働きを抑制することで興奮を抑え、精神を安定させます。
エチラームはデパスよりも効果が強いにもかかわらず安全性が高いことでも定評があり、それも人気のある大きな理由となっています。
精神安定剤などでは多くの場合離脱症状が見られますが、この薬の場合には強い離脱症状はまず見られません。

強い副作用もほとんど見られず、比較的多い症状としては筋弛緩効果による脱力感やフラつきなどですが、それもごく軽いものです。
ごく稀に依存性が見られることもありますが、他の精神安定剤と比べれば多くはありません。
このように効果と安全性のバランスが非常に良いことから、デパスではなくジェネリックのエチラームを購入する人も多いですが、その際は信頼できる海外通販の輸入代行業者を選ぶ必要があります。画像3

それぞれの薬価(公定価格)について

以下は平成28年4月現在の、厚労省発表の価格です。

デパス・・・細粒1%1gあたり、111.4円 / 0.25mg1錠あたり、90円 / 0.5mg1錠あたり90円 / 1mg1錠あたり、121.4円となっており、前年度に比べて細粒1%1gと錠剤は1mg1錠の価格は下げられているようですが、これに診察料に検査代と消費税が追加されます。
EtilaamはインドのIntas Pharmaceuticals Ltd.社製で、日本国内の医療機関では取り扱われていないため、海外医薬品個人輸入代行通販ショップの価格をみてみます。
この場合、診察料がない代わりに、送料が500~1000円がかかります。

エチラーム・・・舌下錠0.5mg100錠では約11$(1錠あたりでは11円) / 錠剤0.5mg100錠では約10~13$(1錠あたりでは13円) / 錠剤1mg10錠では約7$(1錠あたりでは7円)です。
以上からジェネリックは、送料込でも先発薬と比べる、10分の1以下という破格値での入手が可能ということが分かります。
そしてまとめて多く購入できるという点もジェネリック薬のメリットです。

効果の違いは?

まず効果は、 EtilaamがインドのIntas Pharmaceuticals Ltd社が開発・発売したジェネリック薬ですので、成分表や薬理効果を記載した添付文書は日本では出回っていないためデパスとの違いに関して明確な表記はありませんが、デパスの特許に即して同成分を用いて作られたゾロ薬とお考え下さい。
つまり有効成「エチゾラム」であるということと、その含有量が同じです。

しかし一つ思い切り違う点は、錠剤の色が先発薬は白色なのに対し、エチラームは青色です。
なおかつ、 Etilaamは、舌下など患者が飲みやすい形態になっていたり、ジェネリックならではの特許として他の成分を混ぜて作るといったことも可能のようで、他のあがり症の薬を混合させた EtilaamProという薬も発売されていてお得感があります。
エチラームを服用した方の口コミはどうでしょう。

・ジェネリックの方が有効成分のエチゾラムにあがり症の薬が配合された種類があり、お得感がある。
・緊張しいの私ですが、デパスのときと、ほとんど変わらずに落ちつけました。
・すぐに寝つけた。
・効き方がややマイルドな気がする。
・色が青色で不気味。

見た目や価格帯についての意見がほとんどですが、効果効能については違和感なく服用することができるようです。

デパスを購入