ハイプロンは服用することで入眠障害や睡眠障害などといった症状を改善することができます。

レクサプロ エビリファイ デパス

ハイプロンって?

ハイプロン

ハイプロンは有効成分をザレプロンとするソナタのジェネリック医薬品です。主に不眠症や睡眠障害を改善する効果がある睡眠導入剤です。またハイプロンは別名でソナタジェネリックとも呼ばれることがあります。このハイプロンは先発品であるソナタの弱点であった副作用、筋肉を緩めふらつきや転倒などの原因となるいわゆる筋弛緩作用を抑えた薬となっています。



ハイプロンの通販はコチラ

ハイプロンの効果・効能

女性

ハイプロンはアモバンやマイスリー、ルネスタなどに代表される非ベンゾジアゼピン系に分類される薬です。
服用することで不眠や睡眠障害、不安感といった症状を改善できます。服用してから約30分で効果が現れ、その持続時間は約4時間となっています。
また不安感なども改善する効果も持っていますので、個人輸入が禁止となったデパスやそのジェネリック医薬品のエチラームなどといった薬の代用薬としても使用できます。
このことからデパスなどから切り替えて飲む方も増えてきています。またその他デパスの代用薬としてはセディールや、バスパーなどといった薬もありますのでこちらも併せてご確認ください。


入眠障害に効果的!

ベッド

ハイプロンの効果の特筆すべき特徴としてはその即効性です。短時間型の睡眠薬となっているので服用してから比較的速く効果が現れます。従って「なかなか眠ることができない」などといった症状の入眠障害に効果的な薬となっています。



ハイプロンの通販はコチラ

ハイプロンの服用方法

コップ

ハイプロンの服用方法としましては1回1錠(10mg)を目安にして、寝る前に水またはぬるま湯で服用します(高齢や低体重の方の場合は1回5mg)。より十分な効果を得るためには、飲んだら直ぐにベッドに入る事が大切です。またカフェインが入ったものは飲まないするのも良いでしょう。


服用できない人がいる

次のような場合、ハイプロンをはじめザレプロンを有効成分とするものを服用してはいけません。

  • 主成分であるザレプロンにアレルギーを持っている方
  • 重症筋無力症の方
  • 重篤な呼吸疾患、胸部に重篤な問題がある方
  • 睡眠時無呼吸症の方
  • 肝臓に重大な疾患がある方

上記のものに当てはまる方は服用することができませんので注意してください。服用する際の注意点としてはアルコールとの併用また他の抗うつ薬や抗不安薬などとの併用です。これは効果が強く現れる恐れがあるからで併用することは禁止されています。


副作用が起こりにくい

女性

冒頭でも述べましたがハイプロンは非ベンゾジアゼピン系に分類されており、現在処方されている睡眠薬のほとんどは「ベンゾジアゼピン系」とこの「非ベンゾジアゼピン系」の2つに分けられます。非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はベンゾジアゼピン系の睡眠薬に比べ、筋弛緩作用、依存性や反跳性不眠などの副作用が現れにくいという特徴があります。
ハイプロン10mgを服用した場合、その副作用はほとんど起こらないといわれています。しかし副作用の症状としては以下のようなものが報告されていますので確認しておいてください。

■ハイプロンの副作用

  • 眠気
  • めまい
  • 胃のむかつき
  • 筋弛緩作用
  • 吐き気
  • 無気力
  • 倦怠感
  • 脱力感
  • ふらつき

また依存性や急に服用を中止してしまうことで起こる離脱症状などにも注意しなければなりません。


ハイプロンの併用禁忌・注意薬

ハイプロンに一緒に飲むことを禁止・注意とされる飲み合わせが悪い薬(併用禁忌・注意薬)などがあります。今現在、下記に当てはまるような薬を服用中であるという方はハイプロンを飲む事ができませんので注意してください。

■ハイプロンの併用禁忌薬
・他の睡眠薬
・抗不安薬
・抗うつ剤
など

■ハイプロンの併用注意薬
・抗けいれん薬
・抗ヒスタミン薬
・アゾール系の抗真菌薬
など

上記のようなものがハイプロンの併用禁忌・注意薬となります。このような薬をハイプロンと一緒に飲んでしまうと効果や副作用といったものが、強く出てしまうという恐れがあるため注意してください。
また他の薬と同じようにお酒と一緒に飲むことも禁止です。効果が強く出てしまう他にも耐性や依存性などといったものが、つきやすくなってしまう危険があるからです。


ハイプロンはどんな人にオススメ?

女性

・不安でなかなか眠れない、寝付けない人
・ストレスで眠れない人
・眠りに付くまでに時間がかかってしまう人

などです。このような人にハイプロンはオススメです。


デパスやマイスリーとの違い

ハイプロンと同じような効果を持っている薬としてはデパス、マイスリーがあります。この2つの薬はよく病院で処方されるため、このような薬の中でも特に有名な部類かと思われます。ではハイプロンとの違いはどのようなものがあるのでしょうか?まずデパスとの違いを説明します。

どちらとも不眠や不安感の改善に効果があるのですが、半減期(作用時間)が異なります。デパスはおよそ6時間前後で、ハイプロンはおよそ4時間前後となっています。
次にマイスリーとの違いですが、こちらの作用時間は3~4時間前後と近く効果もとても似た薬です。しかしマイスリーはデパスと同様、向精神薬に指定されているため購入には医師の処方せんが必要となっています。
よって大きな違いとしては、通販(個人輸入)で購入することができるかどうかということです。


ハイプロンはここで購入できる!

人

ハイプロンは通販サイトを利用して購入が可能です。通販には「24時間いつでも注文できる」「誰にも知られずに買える」「病院よりも安く手に入る」「種類豊富であり日本では販売されていないものも購入できる」など様々なメリットがあります。また通販は気軽に購入することができるので「最近眠れないのでちょっと飲んでみたい!」といったようなお試し感覚で購入ができます。



ハイプロンの通販はコチラ

ハイプロン

ハイプロン

【有効成分】ザレプロン
【効果】睡眠作用、抗不安作用
【特徴】即効性に優れ、抗不安薬としても使用できる。
【飲み方】1回1錠を就寝前に水またはぬるま湯で服用する(高齢者や低体重の方は1回5mg)

ハイプロンは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。有効成分のザレプロンが脳内に作用し、GABAと呼ばれる脳内物質を増やすことで不安感や興奮、緊張などをやわらげ不眠や入眠障害といった症状を改善することができます。即効性に優れ服用してから約30分で効果が現れ翌朝も不快感も少なく、安全性が高い薬となっています。またハイプロンは睡眠薬として使用できる他に、不安を取り除く抗不安効果も持ち合わせているということも大きな特徴です。
最近では、通販で購入することができなくなってしまったデパスや、アモバンの代わりの薬として購入する方が増えてきています。
製造メーカーであるConsern Pharma社は、アモバンのジェネリックのハイプナイトや、血圧を下げる治療薬のインデラルジェネリック、統合失調症の治療薬であるリスパーダールジェネリックなどハイプロンの他にも様々な医薬品を販売しており、主にジェネリック医薬品の製造に定評があります。

■ハイプロンの口コミ・評判

  • 不眠症で悩んでいたが、今では朝まで熟睡できるようになった。
  • デパスから変更、副作用もなく安心して飲める。
  • 飲むことで心がリラックスでき笑顔も増えた。
  • 気持ち良く眠れた!翌朝もスッキリ!
  • 飲むようになってからしっかり睡眠がとれるようになった。
  • 良く眠れるし、朝の目覚めも良い。
  • ハイプロンに変えてから昼間に眠気が襲ってくることがなくなった!
  • すんなり眠れてよく効くのに翌日まで残らない!
  • ハイプロンは効き目抜群!!スムーズに眠ることができます!
  • 寝つきが悪い方だったが、飲んでから1時間以内には眠れるようになった。

ハイプロンの通販はコチラ


TOPに戻る