エビリファイとアリップMT

統合失調症やうつ病の中でも躁うつが見られる双極性障害・非定型うつ病などの治療に使われる医薬品にエビリファイがあります。
この薬の有効成分はアリピプラゾールという物質で、興奮しすぎた気持ちを穏やかにしたり、逆に落ち込んでしまった気持ちを高めたりする効果を持っています。
ちなみに、アリピプラゾールを開発したのは大塚製薬です。

統合失調症やうつ病といった病気は脳内にある神経伝達物質が混乱を起こしてしまうことで引き起こされます。
そこで、このアリピプラゾールは神経伝達物質のドーパミンが不足している時には補い、過剰になっている時にはブロックすることでドーパミン濃度を一定に保ち、精神状態を穏やかにするのです。

エビリファイを服用することで起こる可能性のある副作用としては、眠気や注意力散漫、運動能力の低下などがあります。
服用後に車の運転をすることは絶対に避けましょう。
また、手足が震えたりこわばったりする説いた症状も見られることがあります。

さらに、ごくまれに血糖値の変動によって意識が薄れたり、強い脱力感が出ることがあります。
糖尿病患者が服用するときには注意が必要です。
このように統合失調症やうつ病に効果のあるエビリファイですが、一つ欠点があるとすれば薬価が高いということです。
そのため、海外から輸入代行業者を利用してジェネリックを購入する人も増えてきています。
その際には副作用に十分気をつけるように心がけましょう。

エビリファイのジェネリックアリップMT

アリップMTはエビリファイのジェネリック医薬品なので抗うつ剤ではありますが、うつ病の他に統合失調症・双極性障害における症状改善に効果が期待されています。
総合失調症とは、厳格・妄想が特徴的な症状です。

有効成分のアリピプラゾールは、世界60カ国以上で承認されている第3世代抗精神病薬と呼ばれる新しいタイプの非定型抗精神病薬で、従来の統合失調症治療の効能に、双極性障害とうつ病に対する新たな効能がプラスされています。
働きとしては、脳内で過剰に放出されているドーパミンはブロックし、逆に不足気味の時は活性化させ、良い効果を生むような作用があります。

分かりやすくいうとアリップMTの有効成分であるアリピプラゾールによって脳内のドーパミンの放出量を調整しコントロールするイメージになります。
主に効果がある症状としては引きこもり・無気力・倦怠感になどが上げられます。
また、あがり症(震え・強張り)にも効果があるため、大事な打合せの前などに服用する人もいます。
様々な場面にいて効果があり副作用が少ないため、人気のお薬です。

エビリファイを購入