エビリファイは統合失調症や双極性障害、うつ病に効果のあるお薬です。その働きなどを詳しく紹介します。

レクサプロ エビリファイ デパス

エビリファイの特徴

錠剤

エビリファイ(有効成分:アリピプラゾール)は妄想や幻覚のなどが現れる「統合失調症」。気分が落ち込んだり意欲の低下などが現れる「うつ病」。躁状態とうつ状態を繰り返す「双極性障害(躁うつ)」。などの病気に効果があり使用されています。

またエビリファイは眠気や体重増加などといった副作用が現れにくく比較的安全性が高いお薬とされています。2006年に発売されました。アリピプラゾールを開発したのはオロナミンCやポカリスエットなどでもお馴染みの製薬会社大塚製薬で、日本のみならず海外でも高いシェアを誇ります。


エビリファイの通販はこちら
※リンク先はエビリファイのジェネリック医薬品です。

エビリファイの効果・効能

女性

エビリファイはアリピプラゾールを有効成分とし、セロトニンとドーパミンに作用し症状を改善します。セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ心身の安定や安らぎに関係し不安などを抑える効果があります。

またドーパミンとは中枢神経系に分類される神経伝達物質の1つで集中力や意欲などに関係してきます。エビリファイはこの2つの物質に作用します。興奮しすぎた気持ちを穏やかにしたり、逆に落ち込んでしまった気持ちを高めたりする効果があります。また半減期は61時間です。

統合失調症

女性

統合失調症はドーパミンの異常により引き起こるとされ、エビリファイは部分作動薬(パーシャルアゴニスト)と呼ばれドーパミンのバランスを整える作用があります。

そのため過剰にドーパミンが分泌されることによって引き起こされる「陽性症状」と、ドーパミンが減少が原因で引き起こる感情鈍麻、意欲減退などの「陰性症状」のどちらにも効果が期待できます。

うつ病

男性

エビリファイはうつ病やうつ状態を改善する効果も期待できます。

しかしエビリファイはうつ病には最初からは使用しません。パキシルやデパス、レクサプロなどといった抗うつ剤で治療した上で、充分に効果がなかった場合のみに使用します。またその際には抗うつ剤との併用が望ましいです。

双極性障害(躁うつ病)

男性

ドーパミン神経の過剰な活動を抑え、双極性障害いわゆる躁うつ病の症状を改善することができます。エビリファイは鎮静作用が弱いため特に軽躁の方に適します。

またエビリファイは飲んでから効果が数日で現れる方と効果が現れるまでに数ヵ月間も掛かるという方もおり効き方は人それぞれです。双極性障害は再発しやすい病であるため長期間にわたって服用する必要があります。

統合失調症やうつ病、双極性障害といった病気は脳内の神経伝達物質が混乱を起こしてしまうことによって引き起こされます。

そこでエビリファイを服用します。有効成分のアリピプラゾールがドーパミンやセロトニンなどが減少している時には補い、過剰に分泌されている時には阻害することによって一定の濃度を保ちます。そして精神状態を穏やかにするのです。


エビリファイの副作用

男性

エビリファイは比較的安全なお薬なのですが、副作用が現れないといったわけではないです。服用することで起こりうる可能性のある副作用は、眠気や注意力散漫、運動能力の低下などが挙げられます。

服用後に車の運転をすることは危険ですので絶対に避けてください。また、手足が震えたりこわばったりする説いた症状も現れることもあります。

またその他副作用としては、ごくまれに血糖値の変動によって意識が薄れたり強い脱力感が現れることがあります。糖尿病患者が服用するときには注意が必要です。このように統合失調症やうつ病に効果のあるエビリファイですが、一つ欠点があるとすれば薬価が高いということです。

そのため、海外から輸入代行業者を利用してジェネリック医薬品を購入する人も増えてきています。その際には副作用に十分気をつけるように心がけましょう。

エビリファイの副作用一覧

  • 不眠
  • 眠気
  • めまい
  • 不安
  • 頭痛
  • 便秘
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 口の渇き
  • ひきつけ
  • 舌のもつれ
  • プロラクチン低下
  • 神経過敏
  • 不整脈
  • 動悸
  • 立ちくらみ
  • 体重の増加、減少
  • 生理異変
  • 手足の震え
  • 体のこわばり
  • 脱力感
  • 血糖値の変動
  • 運動能力の低下

重篤な副作用

めったに現れることはないですがエビリファイの重篤な副作用としては、「けいれん」「アナフィラキシーショック」「横紋筋融解症」、「無顆粒球症」「悪性症候群」「遅発性ジスキネジア」などといったものが症状として挙げられます。

エビリファイで痩せる?太る?

女性

精神科で処方されるお薬で現れる副作用として体重増加がありますが、他の精神薬と比べてエビリファイは体重増加の副作用は起こりにくいです。

これは抗ヒスタミン作用やセロトニン2cを遮断する作用が弱いためだとされています。従って「精神薬を飲むと体重が気になる・・・。」「これ以上太りたくない!」などといった普段から体重が気になっている方や、精神薬で太りたくないといった方にオススメです。

また他の精神薬から体重増加が起こりにくいエビリファイに乗り換えたことで「体重が元に戻った!」「減った!」というケースもあるようです。

参考までにエビリファイと他の精神薬と体重増加程度(太りやすさ)を順に比較してみると、「ジプレキサ>セロクエル>コントミン>リスパダール>エビリファイ」とこのようになります。

ですがエビリファイを飲んでも決して体重増加しないとは言い切れません。仮に太ってしまった場合は食事や睡眠、生活習慣などを改善し、薬減してみたりまたは別のお薬に変更してみるといったことを試してみることをオススメします。

エビリファイの通販はこちら
※リンク先はエビリファイのジェネリック医薬品です。

エビリファイの飲み方

女性

エビリファイには錠剤と散在(こなぐすり)、液剤や水なしで飲むことが可能で便利なOD錠などあります。またエビリファイの服用方法は症状や年齢によって変わってきますので確認してみてください。

統合失調症

1日に1、2回に分けて2~4錠を服用していき、その後1日2~8錠を維持用量とし1、2回に分けて服用します。通常6~24mg、最大で30mgまで服用ができます。


うつ病

1日1回1錠を服用します。通常3mgから服用開始し3mgずつ調整していき、最大で15mgまで服用ができます。


双極性障害(躁うつ病)

3回に分けて1日4~8錠を服用します。通常12~24mg、最大で30mgまで服用ができます。

飲む際の注意点

女性

エビリファイを飲む際に注意しておきたいことがいくつかあります。

  • エビリファイを飲む場合はお酒やアルコールは飲まない。
  • 服用してから2週間以内は増量しない。
  • エビリファイと併用ができない注意・禁忌薬がある。

などです。服用する際は注意する必要があります。

併用注意・禁忌

エビリファイの併用注意・禁忌薬を紹介します。服用する際はこのような薬などとの飲み合わせに注意してください。

併用注意

  • 中枢神経抑制剤
  • バルビツール酸誘導体
  • 麻酔剤等
  • 降圧剤
  • アルコール
  • イトラコナゾール
  • クラリスロマイシン
  • ドパミン作動薬
  • レボドパ製剤
  • カルバマゼピン

併用禁忌

ボスミン(アドレナリン)

また肝臓に疾患がある方や、てんかん、心疾患、血管疾患などの疾患がある方は症状を悪化させる危険性があるため注意する必要があります。

エビリファイのジェネリック医薬品

エビリファイと同様の効果を持っていながら安い価格で購入ができるエビリファイのジェネリック医薬品をご紹介します。

エビリファイ・ジェネリック

薬

エビリファイ・ジェネリックはその名の通りエビリファイのジェネリック医薬品です。うつ病の改善、統合失調症の治療などに効果があることに加え、あがり症(震え・強張り)にも効果があります。そのため大事な打合せの前などにも服用する方もいます。

様々な場面にいて効果がありながらも、副作用が少ないという特徴があります。また安い値段で購入ができるため大変人気のある薬となっています。発売元はトレントファーマ(torrentpharma)社です。

エビリファイの通販はこちら
※リンク先はエビリファイのジェネリック医薬品です。

TOPに戻る