デパスとは

デパスは精神安定剤として処方される薬です。
田辺三菱製薬株式会社から発売されている薬で、数ある精神安定剤の中では有名なもののひとつといえるでしょう。
一般名はエチゾラムといい、たくさんのジェネリック医薬品(後発品)が発売されているのが現状です。
治療薬としての歴史はすでに30年ほどにもなり、多くの人に投与され、その高い効果が認められています。
デパスはリラックスに関わる神経系に作用して、どうしようもない不安を落ち着かせる働きを持っています。
脳を休ませる作用がありますので、睡眠薬のような効果も期待できるでしょう。
リラックス効果の他にも、抑うつ効果もあると認められており、うつ病の治療薬としても一般的に使われています。
高い効果とその安全性から、心療内科や精神科での処方はかなりの頻度なのではないでしょうか。
この薬は精神安定剤の中でも副作用の少ないものであると言われており、比較的安心して飲むことができます。
しかし、この薬にもいくつかの副作用が報告されています。
副作用としては、眠気やぼーっとする、長期にわたる服用による依存性が主なものです。
服用中に自動車の運転はできませんし、集中力を使う作業なども難しいでしょう。
長期にわたって服用し続けることで、飲んでいないと不安になってしまうといったことがあります。
ずっと使い続けるのではなく、症状の改善が見られたら医師と相談しながら量を減らしていくのが良いでしょう。
症状の悪化も考えられますので、自分で判断せずに必ず医師の指示の元で減薬してください。

デパス通販|うつ病|精神薬|副作用|お薬なび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>